債務整理の種類

未分類

弁護士債務整理の種類は4つあります。任意整理、民事再生、特定調停、自己破産です。任意整理は裁判所を通さず、債務者と金融機関が借金減額を交渉する方法であり、仲介として弁護士が挟みます。任意整理は借金を減額する方法です。自己破産は裁判所を通じて行い、債務者が裁判所に返済能力のないことを申し出て、借金の免責を受ける方法です。裁判所への申し出のサポートを弁護士が行い、借金をゼロにします。民事再生は、こちらも自己破産と同じく裁判所への申し出ですが、借金を何分の1かに減らす、減額する方法です。特定調停は、裁判所が仲介役となり、借金や利息を減らし、完済期間を短くする方法です特定調停のみ弁護士は関わらず、自分で減額交渉を行います。

このような債務整理の方法があり、金融機関と交渉もしないとならないので、やはり弁護士に依頼した方が、債務整理を行いやすいです。ただ全国に法律事務所はいくつもあり、弁護士も多数いますが、それぞれで債務整理に強い弁護士や、依頼者の依頼を熱心に受けてくれる弁護士など、違いがあります。また依頼者と弁護士の相性という部分も大きく関わってくるので、債務整理をスムーズに進めるのは、依頼を熱心に引き受けてくれる弁護士を探すべきです。