債務整理後

未分類

カレンダー債務整理は、法律事務所で相談し行った場合でも、短くて3ヶ月程度、長くて6ヶ月から12ヶ月程度かかります。そして債務整理が完了すれば、あなたの借金はゼロになる、または借金や利息が減額となります。借金を減らすことにより、将来設計も可能となるでしょう。ただし債務整理は借金を減らせる制度ですが、そこには代償も伴います。

どのような種類にしても、債務整理を行った方は、その種類によって5年から10年間は一切借金を出来なくなります。つまりはどこの金融機関からもお金を借りられないということです。カードローンやキャッシングはもちろんのこと、住宅ローンやオートローン、さらにはショッピングローンまで利用できません。クレジットカードも審査に通らなくなるので、カードも持てないです。

これは、家を建てるにも融資を受けられず、通販などで買い物するにもローンは組めず、携帯電話やスマートフォンの本体代の分割支払いも出来ません。最長で10年間となりますが、その期間を過ぎれば、またローンやクレジットは利用できます。債務整理を行えば、借金を減額できるので、まずはお金を借りることよりも、自分の経済状態を立て直すことに努めるべきと言うことかもしれません。